仮面二浪で早稲田合格した女の話

🍳現在早稲田1年二浪ワセジョによる受験生応援ブログ🍳

日本史用語集 の使い方





こんばんは、きな子です🐥
みなさん勉強は順調でしょうか?



今日は、【日本史用語集】の使い方について、詳しく書いていきます〜!また、「用語集覚えるべき?」などの質問にも答えていきます


私の使い方になりますが、この方法で日本史をかなりの武器にすることができました。
ぜひ参考にしてください☺️


(日本史だけが虚しく無双している文、文化構想の本番自己採は→https://www.wasedaniro-blog.com/entry/bunbunko)








まず、日本史用語集を丸暗記しようとはしません


無理です、いや無理ではないですが、覚えたいなら英国の勉強は捨ててください というくらい、不可能に近いのでやめた方が良いです 5浪くらいするならやってもいい




じゃあどう使うんだよという話ですね

「用語集を辞書のように」、使います。

日本史をやるときは用語集は常に近くに置いておいて すぐ開ける状態にします。
通史をまわすとき、問題集や過去問を解くとき 疑問があればすぐに用語集で調べます。




では具体的に説明していきます



例えば日本史100題を解いて丸つけをしたとします

そして源頼朝 と答える問題を間違えました



そうしたら、用語集で 源頼朝 を引きます


そしてその説明部分を読み、確認します

説明部分にでてきた用語でわからないものがあったらまた引いて 同じことをします



この作業をしている中で、大事そうだけど(用語集で⑥とかついてるやつ)知らない用語があれば覚えます。マーカーも引きます。

そしてその知らなかった用語を自分が使っている情報がまとまっているテキスト(私は講義ノート)に書き足していきます。

(わたしの場合最終的に用語集③くらいまでは覚えてた)(テキストの書き足す場所はその知らなかった用語に関連するところ)



このようにすると、通史の復習をするたびに書き込んだ用語も目に入るので自然と知識が増えていきます。
通史をしていて見たときに、「この用語なんだっけ?」と思ったらすぐ調べてください

「?」は放置しないこと。その積み重ねが苦手をつくります。分からないことは即調べる!絶対




また、他の問題の直しで用語集を使ったとき、その開いたページに以前引いたマーカー部分があったら 自然とそこに目がいくと思います。
そんなときは その調べたかった用語に加えてマーカー部分も確認します。
マーカー部分はサラッと読んで、「あぁあったな〜」と思い出すくらいで大丈夫です。何度か見れば頭に残ります





このような感じで使っていました◎


例!





日本史は、流れを流れとして、繋げて関連付けて 覚えていくと身につきやすいと思います


私はよく下に書いてあるように、壁に向かって繋がりを説明していました。




〜の部分はぜひ考えてみてください🙃
答えがわからなかったらちゃんと調べること


「729年に〜ちゃんが立后されて、長屋王は抹殺されたんだけど その長屋王の変をやったのは藤原四子で、あ、藤原四子っていうのは 北家〜、南家〜、式家〜、京家〜で、この人達は737に天然痘で死んだんだけど、そのあと台頭してきたのが〜で、この人のときに〜が九州で反乱をおこして、そのあと政権を握ったのが〜で、」




このへんとか、他にも、流れが重要な部分は何も見なくても説明できるようにしてくださいね🙆🏻‍♀️








よし、こんな感じです。
日本史はしっかりとやれば 誰でも絶対にできるようになります。毛嫌いせずに😌





MARCH、早慶レベルを目指すなら日本史用語集はあったほうが良い








おまけ🍳



あなたがしているその努力は ちゃんと合格に近づくものですか?
毎日つらい思いをしたり 我慢をしたり。そのような日々を送っていれば、自分は頑張っている、とおもえると思います。
しかし、それ、ただの自己満になってはいませんか?
つらい思いをすれば良い結果が得られる、というわけではありません。

睡眠時間を削って頑張ることも、ごはんもたべずに勉強することも、それらは本当にあなたにプラスに働いていますか?



きをつけてくださいね☺️



常時質問募集中です🍳

https://mobile.twitter.com/kinaco_sss_